髪全般のこと

縮毛矯正がかかりにくい髪がヘナのせいとは言い切れないワケ

ヘナ染めと縮毛矯正のかかりにくさの関係

ネット情報だと「ヘナ染めすると縮毛矯正がかかりにくくなる」という話をよく目にしますが、自分が使用しているのはインディーハーブの天然100%ヘナなので、「ヘナのせいで縮毛矯正がかかりにくくなる」ということはない。

インディーハーブのヘナ
くせ毛にヘナと石鹸シャンプーでのケアを1年以上続けてみてくせ毛にヘナと石鹸シャンプーでのケアを1年以上続けてみて 最近のヘアケア。 【スペック】 髪質は強いくせ毛。 白髪染めにヘナ...

以前、縮毛矯正を卒業したと記事にしたが、今回は旅行を控えていることもあり前回かけてから1年以上経過したということもあって、試しにダメもとで一度縮毛をかけてみることにした。

その結果をご報告。
状態としてはヘナ染をしたのが先月で、それから約1か月後に縮毛矯正をかけることとなった。果たしてきれいに伸びたのか…。

 

 

縮毛矯正がかかりにくいのはヘナ染めのせいではない

本当に天然のヘナを使っているなら縮毛矯正のかかり具合に影響はさほどないと思われる。何故なら自分の髪は確かに縮毛がかかりにくいが、それはヘナを使用する前からだったから。

ヘナを初めて使用する前からストレートになりにくく、店員も首をかしげていたので、縮毛矯正に必ずしもヘナが悪影響を与えているわけではない。

但しジアミンなどが入ったケミカルヘナの場合は要注意。

天然のヘナなら問題ないが、ケミカルヘナならダメージや縮毛矯正のかかりにくさなど悪影響を与える可能性は大いにある。

ということで髪や頭皮のことを考えるならケミカルヘナではなく、きちんと天然100%のヘナを確実に選ぶべし。

 

 

縮毛矯正がかかりにくい髪に縮毛矯正をかけると

今回は1か月前にヘナをして今月の6月11日に縮毛矯正をしてみた。

数年前から縮毛矯正がかかりにくいと言われていたのだが、やはり今回も

かかりにくい部分が出てしまった。
最後にドライヤーで乾かした後に、このようにうねりが残り線が入ったように目立つ。

全体的には

こんな感じ。
うねりが残ってしまった部分が肩の少し上、襟足周辺なものだから髪を解くとちょうど真ん中あたりで目立ってしまう。

これではせっかくストレートにしても、まるで寝癖を直さずに寝起きのまま出てきたような見た目になってしまうので、この部分をカバーするようなハーフアップにするなどアレンジが必要だ。

こんなふうに自分の髪は数年前から縮毛矯正をかけても、部分的にうねりが残ってしまうのが悩みの種。

スタッフさんも「かからない理由がわからない」と言うし、しかも今回は薬液を塗布してから30分ほど輪っかのやつで温め、さらに熱をかけずに30分置いて…と合計1時間かけておいたにも関わらずこの仕上がりだ。

使っている薬剤もお店で取り扱っている中で、それもメーカーで出している中で一番強いやつ。とのことだったので、温めても時間を長く置いてもダメならもう手立てがないのだろう。

ちなみに薬液を使用し流した後に拭いたらタオルにヘナのオレンジ色がついた。前回まではそんなことなかったので失念していたが、そういえば多少色落ちするんだっけ。

どの程度落ちるかと言うと、

白丸で囲った部分は前回ヘナをしてから一か月経って新しく生えてきた白髪。その周辺にある赤く光る髪はヘナで染まった白髪。

こうしてみてもわかるようにヘナで染まった部分は、多少色あせたようには見えるものの白髪として復活するほどの色落ちではなかったので、生え際の部分さえ気にならなければ問題ない。

来週にでもリタッチで伸びた分だけまたヘナをしようと思う。

店員に一応聞いてみた。
「縮毛矯正後にヘナをするなら何日くらい置いたらいいですか?」と。

そうしたら
「ヘナは天然ものなので翌日以降ならいつでもいいですよ」とのこと。
※使っている薬剤が定着するまで1日かかるので、それ以降であればOKだそう。

これもネットで調べると1~2週間後という意見が多いが、実際のところヘナの性質などを加味するとどうなのだろう。

どっかのお店ではヘナと縮毛矯正を当日中に一緒に施術するところもあるようだから、本物の天然ヘナならOKなのだろう。と思う。

が、自分は数日置く派。
いつか「縮毛矯正の翌日にヘナ」と言うのを実践してみたいとは思っている。

けれど今回は見送りたい。
だって数日後に旅行を控えているから。
ヘナやると結構長いこと洗った後タオルに色がついてしまうのでね。

これでは旅行先でタオルを汚してしまうので今回は根元だけ白くキラキラさせたまま行くことにする。

 

 

まとめ


トップと毛先だけかかり中間部分はうねりが残った結果となった今回の縮毛矯正。

でもこれはヘナを使用しているから。というわけではない。その前から自分の髪はすでに縮毛がかかりにくくなっていたのだから。

それでヘナ使用後でも同じ結果なら”ヘナが原因で縮毛矯正がかかりにくい”とは必ずしも言えないということになる。

本当にヘナのせいでかかりが悪いというのなら、もっと全体的にそれも新しく生えてきたクセ毛1年分が広範囲でうねりが残らなければおかしい。ということになる。

インディーハーブのヘナ
くせ毛にヘナと石鹸シャンプーでのケアを1年以上続けてみてくせ毛にヘナと石鹸シャンプーでのケアを1年以上続けてみて 最近のヘアケア。 【スペック】 髪質は強いくせ毛。 白髪染めにヘナ...

過去記事のビフォーアフターまとめ部分を見てもわかるように強いくせ毛なので、こうしたうねりが全体的に残るなら「ヘナのせいかも」ってこともあるだろうが、もともとかかりにくい部分だけが残ったのだから、やっぱりヘナは関係ないと思う。

これも個人の感想なので参考までに。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です