肌全般のこと

ヘアケア、スキンケアの愛用アイテム紹介

ヘアケア、スキンケアの愛用アイテム紹介

日頃愛用しているアイテムはヘアケア、スキンケアで合わせて5アイテムのみ。

たまに人から「何使ってるの?」と聞かれるから正直に答えると「いや、絶対ウソでしょ」と言われてしまう。が、本当のことだから嘘ではない。

特に驚かれるのがヘアケア。
面倒くさがり&くせ毛&ヌタヌタ感が大嫌いなものだから、アミノ酸系や市販物でよくある「シャンプーだけでツルツルの髪に…」的な使用感のシャンプーは苦手。

というのも過去にアミノ酸系のボディソープを試しに使った時、お風呂上りに全身が痒くなり我慢できずに結局、固形石鹸で洗い直した経験があるから。

とにかくシャンプーでもボディソープでもヌルヌル、ヌタヌタ感が残る使用感の物は使いずらく、肌に合わないのか痒みが出てしまうため何を試しても最終的には石鹸に戻ってきてしまう。。。というのが現状。

ということでよく人に聞かれるたびにウソだwと言われてしまう愛用アイテムを紹介しようと思う。

 

ヘアケアは石鹸シャンプーのみ

今でこそいろんなメーカーから石けん系のシャンプーが発売されているが、中でも気に入って愛用しているのが

極匠スカルプシャンプー
ちなみにインバス、アウトバス共に何も使っていない。

トリートメント、リンス、コンディショナー、ヘアパックやオイル、ヘアウォーター、ヘアクリーム、洗い流さないトリートメントなどなど。

これらは一切使っていなくて、極匠シャンプーで洗ったらドライヤーで乾かして終わり。というケアを続けている。

石鹸シャンプーだけで済ませるメリットで自分の中で一番大きいのは、乾くのが早いこと。つまりドライヤーの使用を短時間で済ませられる点。

くせ毛だからもともと乾燥気味ということもあって長いことドライヤーの熱をあてていたくないし、髪も長いため早く乾くのは助かる。特に夏の暑い時期。

暑い時期は生え際や頭皮をドライヤーでしっかり乾かし、そこから下の毛の部分はドライヤーではなく強風にセットした扇風機の風で乾かす。ということをしている。

ちなみに夏の汗をかきやすい時期や頭皮のニオイが気になるようなときは、

極匠スカルプシャンプーのブラックエディションと言って炭入りの方も使っている。

最初の極匠シャンプーに炭を追加してニオイ対策ができますよ~。というバージョンで、普通のと比べると頭皮が少しスースーとした洗い上がりになるので夏によく使用している。

こうした石鹸シャンプーを使っているという話を人にすると、

石鹸って石鹸カス出るんじゃないの?頭皮とか大丈夫なの?

と聞かれることもあるが、極匠スカルプシャンプーに関しては全成分が石鹸成分だけというわけではなく、他にもいろいろ入っていて、その中にキレート剤も含まれている。

石鹸シャンプーにキレート剤が入っていると石鹸カスは出にくい仕様となる」とのことなので、頭皮も髪も石鹸カスが残るとか、蓄積するといった心配はしていない

極匠シャンプーに関しては販売元に確認済みだから間違いない

あと無香料なのもうれしい点。
香料が入ったアイテムは基本、好きではない。

香水や芳香剤といったものも嫌いな自分にとって無香料の石鹸シャンプーは不快を感じることなく毎日使いできるアイテムの一つだ。

ちなみに同メーカーからは頭皮用エッセンスやトリートメントも販売されているので、石鹸シャンプー用のトリートメントを探している人はチェックしてみては?

 

 

 

スキンケアは美容ジェルとワセリンのみ

ヘアケア同様スキンケアもベタベタ、ヌルヌル、ヒタヒタな使用感は苦手。

なのでジェルタイプやクリームでもサッパリ系、あるいは塗ってすぐや短時間で肌がサラサラな使用感になるものが理想。

と言いつつ白色ワセリンを愛用中とはどういうことか。

洗顔後にまず使うのは、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美楽来エンリッチジェル (内容量 50g)【ラッキーシール対応】
価格:9800円(税込、送料別) (2019/5/21時点)

楽天で購入

 

美楽来エンリッチジェル
みずみずしいテクスチャーでベタつきはあまり感じられず、割と短時間で肌になじんでサラサラになってくれる。

でも皮むけを落ち着かせるなどの効果は感じられないため、美楽来を塗った後に上から、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料・北海道・沖縄除く】白色ワセリン HGワセリン 500g 10P03Dec16
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/5/21時点)

楽天で購入

 

白色ワセリンを使ってフタをする。

この使い方で化粧水を使わなくても化粧ノリもよくなるし、夜のスキンケアで使えば翌朝までカサつきが気になったりしない。

化粧水や美容液など他のアイテムを一切使わず美楽来とワセリンだけのケアにしてから、特にトラブルを感じることなく過ごせている。

ただワセリンに関しては、

「チューブタイプもあるし、そちらの方が衛生的なのでは?」

と言われることがある。

でも自分がチューブタイプを選ばないのにはワケがある。
それは一回の使用量の調整が難しいから。

ワセリンってハンドクリームよりもずっと一回の使用量が少ないから、チューブで出すよりも使う分だけを毎回清潔な綿棒やスパチュラで取り分けられるジャータイプの方が無駄にならなくていいと思っている。

携帯用ならチューブタイプが便利だろうが、自宅で日常使いするならジャータイプでいいかな。

最後にワセリンを塗るとどうしてもサラサラな肌にはならないので、ワセリンでフタをしたら数分後にティッシュで軽くおさえてベタつきを抑えるだけで、だいぶ気にならなくなる。

ベタつくまま放置してしまうと、空気中や寝具についてるホコリなどが付着して、これも肌トラブルの原因になってしまうので、できるだけ時間を置かずにティッシュでオフ。

自分はこれで十分と思っているが、これでも気になるようならベビーパウダーをはたけばいい。ベタつく肌をサラサラにするのにベビパはコスパも使用感も最強だと思う。

 

 

まとめ

ヘアケアもスキンケアも最低限のケアしかしていない。

本当に日頃これだけでしかケアしていないのだが、人に言ってもまぁ…信じてもらえない。

でも「そんな適当だから肌も髪もそんなんなんだよ」と言われるよりは「本当にそれだけってウソでしょ」と言われる方が気分はいい。

たったこれだけでも今の状態を維持できている。と考えれば。

物は考えようだから人に何と言われようと自分は自分でいいと思う。

今の状態に例えば「髪にツヤ感を足したい」と思ったらヘアオイルを使えばいいし、「肌に透明感がほしい」と思ったらパープル系の下地を使えばいい。

欲しい、足したい、といった「あ~したい、こ~したい」を叶えるアイテムをプラスするだけでいいのだから、土台となるスッピンの髪と肌の状態だけ日頃のケアで整えてあげられればOKというのが個人的な考え。

なので髪も肌も必要以上のケアはしない。

多分これは人から言わせると「必要不可欠なケアすらしてないじゃん」となるのだろうが別にいい。それならそれで他の人が好きなだけ時間と金をかけてケアに力を入れればいいのであって、それを人に押し付けるのはやめてほしい。

本人が満足していれば、それでいいじゃない?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です