管理人について

平成も残り僅かだというのに未だガラケーですが何か

「未だに?」って言われるのが納得いかない

ヘアサロンで、携帯ショップで、家電屋で、友人との会話で。。。

携帯の話になると必ず聞かれるのが、

「スマホ何使ってんの?」

対して主は正直に答えます。

「あっ、スマホじゃなくてガラケー」

すると大抵、

「はっ?未だに?なんで?」

このやり取りに納得できずにイラッ。

 

「未だに?」「なんで?」ってなに?

「未だに?」「なんで?」の2つは、ほぼ必ず相手から返されると言ってもいいくらい、ほぼほぼの人がこの返答をしてきます。

主からすると、むしろ「なんで?」ってなによ。って話。

今のところ故障もなく無事に使えているのだから、いいじゃん!と思う。

でも他人からするとそうではないのかな。

今時スマホじゃなくてガラケーが時代遅れとかダサいとか、そういうこと?

どうでもいいけど。

スマホが流行ってるのは知ってるけど、だからって自分基準で「今時誰でも持ってて当たり前」を前提に話されても。

こちらの前提は「持ってる人は持ってる」の認識だから、「持ってない人もいて当たり前」。

この両者の意識の違いが会話での言葉選び次第で、相手にちょびっと不快な思いをさせてしまうこともあるのだろうな。と思う。

話は変わり、ガラケーであるが故のメリットもある。

それはLINEやSNSアカウントを聞かれても「ガラケだから・・・」の一言で会話が終了すること

それ以上しつこく聞かれることがないのが快適。

 

ガラケーを機種交換したとしてもガラホ

スマホは自宅と無料wi-fiが入ってるところでしか使わない、完全データ通信用には一つ持ってる。

人からもらったお古だけど。

自宅ではデスクトップPC、ノートPC、データ通信用にスマホ、タブレットを用途に合わせて使い分けている。

だからこそ持ち運びする携帯電話はガラケーで十分。

メールと電話ができればOK。

今後ガラケーを機種交換したとしてもガラホ。

主にはこれで十分。

ガラケー

これが今愛用中のガラケー。

好きなバナナと共に。

ちなみに好きなバナナはDole。

平成も残り僅かだというのに未だガラケーですが何か?

この機種には壊れるまで頑張ってもらうつもりです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です